あたり2作

女が眠る時と少女は観ごたえがあった女が眠る時は西島秀俊扮する小説家が空想と現実を行き来する事で物語を紡いでいくのだけれどビートたけしの狂気染みた行動に翻弄され西島自身も毒されていくのはとても共感できた狂気はいつも他人とのハザマにあるし淫らに狂っていく感覚には嘲笑されてもあまりある美味 少女は開始15分ほどで引き込まれた本田翼が演じる由紀の死体になる瞬間への興味や不器用なりに誰かの為に行動をするあたりが素敵すぎた僕は他人の為にどこまでできるだろうか人に刺されて大丈夫いいんだよなんて愛情があるのなら味わってみたいもの湊かなえの小説では敦子目線でも描かれているみたいなのでそちらも気になる色濃く生きている人って魅力的 僕はそれらを追い回して何者になりたいのだろうかと自己嫌悪に陥りたいのに落ちきれない半端ものの粗悪品までいったので笑える
 
 
04b271a7680bd28f4ffec9ee249b30900.jpg
 
 

続きが気になるやつ

BTOOOM!ってアニメ観たんだけれどいろんな人がいて面白かった脇役放置が何人かいて2期に続きそうな終わり方なのにやらなそうで脇のその後が気になりすぎる漫画23巻まで出てるから充分できそうなのに円盤が売れてないようなので期待薄らしい漫画で続きみるしかないけれど満喫が久しぶりすぎて怯えるので困った

指輪時計

アメリカでクラウドファインディングから生まれた指輪時計が気になっているのだけれど5万でバッテリー搭載式と壊れる気しかしないし秒針が苦手な僕だし1秒単位で生きていないし何秒表示にあせらされて生きるのもちょっとなと見守っているでもかっこいい機能追加されないかな